トップページ お問い合わせ 会社概要

京焼清水焼って?

清水寺、清水の舞台

秋に開催される展覧会の様子。まるでやきものの博覧会のように各窯元の作品が並んでいます。

春に開催される日吉地区窯元まつり

京焼清水焼って?

京都府内で作られる全てのやきものを総称して「京焼清水焼」といいます。(通産省(現:経済産業省)できめられた名称)

京焼清水焼の展覧会に行きますと、やきものの博覧会の様相を呈しているくらい、窯によって様々なやきものが展示されています。全国各地のやきものの産地には、それぞれ特徴がありますが、「これぞ京焼清水焼!」というべき特徴がないのが特徴といえなくもありません。

まして、京焼・清水焼の認知度は全国で7番目か8番目だそうです。磁器も陶器も、色絵から染付・焼締め・交趾(こうち)・三島手などなど、その種類は多品種少量生産の面目躍如たる所以でしょうか。

しかも、"やきもの"の土が採れる所が産地となっていますが、 京都はその意味でもほとんど恵まれていません。

茶の湯の発達・隆盛と共に洗練された茶道具や茶懐石のための器が作られ、乾山・仁清等の巨匠が優れた作品を残しています。 また、京都には"イトヘン"産業をはじめ、扇・仏具・表具・和紙等々の伝統産業に加えて京料理・和菓子・華道・香道・・都で育まれた様々な文化 があります。それらと互いにリンクする形で、京焼・清水焼は完成されていきます。

一般に"薄くて派手な磁器"として京焼のイメージが定着していますが、 京焼の中では磁器は比較的新しいです。 歴史的に見ても、流通が確立されてない時代、「織部」「薩摩」のやきものを欲しがる京の富裕層の要請で「京織部」「京薩摩」と呼ばれるやきものもここ京都で作られました。これも「京焼」です。

元来は清水寺界隈で作られていたやきものが「清水焼」と呼ばれていました(松斎窯も清水三寧坂から大正2年に今の日吉町に移転)。現在は、日吉・五条・山科・炭山(宇治)・泉涌寺が主な生産地域で、全て「京焼・清水焼」です。