トップページ お問い合わせ 会社概要

京焼清水焼の歴史



京焼清水焼の起源

京都におけるやきものの起源は定かではありません。

旧史によれば、5世紀前半の雄略天皇の頃、現在の宇治市及び伏見区の陶工に御器を作らせたことがあったようです。その後、僧行基(ぎょうき)が詔により窯を築き、それがあったのが現在の五条坂(茶碗坂)附近とも言われています。

それから時代は移り、江戸時代のはじめ頃から、茶の湯の普及を背景に東山地域を中心に焼かれた物を広く京焼と呼ぶようになりました。


京焼清水焼の名工出現

京焼の歴史初期に特筆される名工は、野々村仁清(ののむらにんせい)です。

それまでの「写しもの」と呼ばれる茶器製造から、多彩なデザインの「色絵もの」に京焼全体全体の作風を変える程のインパクトでした。特にその影響を強く受けて江戸初期から中期にかけて、東山山麓の各窯で「古清水」と呼ばれる色絵陶器が制作されることになります。

やや遅れて登場したのが尾形乾山(おがたけんざん)です。乾山は画家尾形光琳の弟で、光琳の絵付けしたものに乾山が書を寄せるという共同作業で数々の名作を残しました。


磁器の流行

江戸時代も中頃になると新しい京焼のムーブメントが起こります。本格的な磁器の焼成です。

西の伊万里磁器の隆盛と京都の名工・奥田頴川(おくだえいせん)の出現です。頴川は京焼の世界に磁器という新しい波を持ち込んだだけでなく、多くの優れた弟子を育てました。

青木木米(あおきもくべい)は仁清や乾山と並び、「京焼三名工」と讃えられます。頴川の磁器製法を学び、芸術性の高い作品を多く制作しました。


明治以降の京焼清水焼

明治以降は近代的生産手法の導入とともに生産量も増大し、日本の重要な輸出品となっていきます。また、伝統に甘んじることなく積極的に海外からの技術も導入し、新しい京焼の魅力が生まれ始めます。

戦後は、近代的な経営手法による効率化や環境にやさしい製造設備への転換などを進めてきました。

しかし、京都は決してそのクオリティや芸術性を失わず、多品種・少量生産を特色とする高品質の陶磁器をしての伝統も守り続けています。

?京都陶磁器協同組合連合会「京焼・清水焼通信」より抜粋?