トップページ お問い合わせ 会社概要

京焼清水焼の器の扱い方について

うつわが育つ

炎で育つ

陶器の味わいのひとつに「窯変」があります。
窯入れ時の場所と温度差により、各々の色調に微妙な変化が生じることです。
一つひとつ違うのが手作り陶磁器の良さですが、炎の加減は人の力の及ばない所です。

使い手が育てる

陶器の焼成時に、素地と釉薬の収縮率の差異により釉薬の表面にヒビが生じます。
これが「貫入」です。貫入陶器の代表には、薩摩焼・萩焼・粟田焼などがあり、釉ヒビが一種の装飾となっています。「古清水」も細かな貫入が魅力のひとつですが、柔らかな土味と貫入の雅味は、お使いなるお客様に育てられていくものです。「古清水」の華やかな絵付だからこそ、素地と共に表情を変える「うつわ」を一層愛おしく感じていただけると思います。

ご使用前に

清水焼は細部まで丁寧に仕上げてありますから、高台部分がザラつくことはほとんどありません。それでも陶土の種類によって気になる場合にはサンドペーパーや砥石で軽くこするか、あるいは、ふたつの器の糸底を合わせてゴリゴリと円を描くようにすり合わせると滑らかになります。

一度煮沸してあらかじめ生地に充分水分を含ませてからご使用いただくと、汚れがしみにくくなります。「土もの」の場合は特に違ってくるようです。 器を入れた鍋に器がかぶるくらいの水を入れ、約30分煮沸しそのまま自然に冷まします。

貫入のある器は料理を盛る前に水につけて充分に水を吸わせておくと、臭い、汁気、油気が滲みこみにくくなります。色々なモノが染み付いて味わいがでるのですが、好みの程度もありますからね。
また、釉薬のかかっていない「焼締め」の場合はこうすることで、汚れが付きにくいだけでなく、器自体も鮮やかに見えますよ(料亭でよく使うやり方です)。

洗う時

急須や土瓶は注ぎ口が手首の方に来るようにして洗うと、注ぎ口が蛇口やシンクの縁にあたって欠けることが防げます。

色絵や金銀彩の上絵付けのものは、クレンザーやナイロンタワシで強くこすると絵が剥げたり表面に傷をつける原因になります。台所用スポンジなどで優しく洗ってください。

食器洗い機は水流が非情に強いので、繰り返し使ううち無数の傷がつくようです。また、金銀線や絵柄を痛めることになります。

汚れを取る

茶渋・シミなどの頑固な汚れが気になる時には漂白剤をご使用ください。漂白剤は臭いがなくなるまで十分にすすいでください。なお、銀は変色しますので、漂白剤は使用できません。
. また、茶渋は塩(特にあら塩)で磨くといいようです。ミカン、レモンなど柑橘類の皮に塩をつけると一層効果があるようです。

万一カビが生じた場合は、熱湯で30分ほど煮沸しますときれいに落ちます。

貫入陶器の場合、ご使用後、器に食べ物を残したままにしたり、他の食器と一緒に水に長時間つけておきますと、汚れが貫入に浸透し、異臭やべとつきの原因となりますのでご注意ください。

カップの取っ手の付け根や、急須・ポットの注ぎ口など洗いにくい部分は、割り箸の先に布を巻いて洗剤をつけて洗うときれいに落ちます。

収納

吸水性の高い陶器や焼締めのものは、布巾で水気を取った後もすぐには片付けないでしばらく置いて乾燥させましょう。釉薬のかかってない高台とかは意外にカビるんですよ